トップページ > よくある質問

よくある質問Q&A

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎のよくある質問

  • 問5 慢性膵炎は放置すると膵臓癌になりますか?

    答5 慢性膵炎の患者様が全員膵臓癌に移行することはありません。しかし、慢性膵炎の存在しない人に比べると、膵臓癌に成り易い傾向は見られています。慢性膵炎の一部は、膵臓内に腫瘤や“膵のう胞”を形成してくるタイプが存在します。
     “膵のう胞”にも二通り見られ、単純な水溶液の貯留する袋である単純性膵のう胞が第1のタイプです。第2のタイプは“膵のう胞”の壁の一部が肥厚し、または変化して腫瘍性増殖を示す膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)などを含む腫瘍性の“膵のう胞”で、特に丁寧な診断、経過観察が必要です。
     その理由は、腫瘍性の“膵のう胞”が後日膵臓癌に変化したり、同じ膵臓のなかで、他部位に膵臓癌を合併する確率が有意に高いからです。 専門医による定期的な超音波検査、CT、MRIによる経過観察が必要です。

>>よくある質問一覧に戻る
ページトップへ戻る

肝機能異常・慢性肝臓病

ページトップへ戻る

B型慢性肝炎

ページトップへ戻る

C型慢性肝炎

ページトップへ戻る

肝硬変

ページトップへ戻る

肝臓癌早期発見

ページトップへ戻る

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)

ページトップへ戻る

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)

ページトップへ戻る

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎

ページトップへ戻る

膵癌(すい癌)・膵臓癌(すい臓癌)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Isomura Internal Medicine All Rights Reserved.