トップページ > よくある質問

よくある質問Q&A

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)のよくある質問



  • 問4 胆のうポリープは癌になりますか?

    答4 最大径5mm以下のポリープは、通常癌ではありません。最大径6〜9mmでは、大きさが増大傾向にある場合要注意です。3〜6月毎に腹部超音波検査で経過観察が通常病態の判断に有効です。
     最大径10mmの場合は、ポリープの表面に癌でなくても、中心部に癌の芽が潜んでいる場合があります。腹部超音波検査、CTのみでは、区別できず、超音波内視鏡検査が鑑別に有用な場合が少なくありません。


※説明文に使用されている胆のう、胆管、膵臓の分野で良く使われる医学用語の図譜をご参照ください。
『消化器カラ―アトラスA』胆嚢・胆管(田原順子・中村真一監修:アステラス製薬提供)




>>よくある質問一覧に戻る
ページトップへ戻る

肝機能異常・慢性肝臓病

ページトップへ戻る

B型慢性肝炎

ページトップへ戻る

C型慢性肝炎

ページトップへ戻る

肝硬変

ページトップへ戻る

肝臓癌早期発見

ページトップへ戻る

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)

ページトップへ戻る

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)

ページトップへ戻る

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎

ページトップへ戻る

膵癌(すい癌)・膵臓癌(すい臓癌)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Isomura Internal Medicine All Rights Reserved.