トップページ > よくある質問

よくある質問Q&A

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)のよくある質問



  • 問3 胆のうポリープの診断方法は?

    答3 健診や人間ドックで腹部超音波検査を受けられた場合に初めて発見される場合が頻回に見られます。できれば、10時間以上空腹の状態で、胆のうを充分に緊満させ、その状態で腹部超音波検査を実施すると胆嚢は観察し易い臓器です。ポリープの数、形、胆嚢壁との付着様式、胆嚢壁の壁不整肥厚、胆のう壁内部のコメットサイン=胆嚢壁の内部に存在するコレステロールポリープのチェック、総胆管拡張の有無、膵臓病の有無を、まず腹部超音波検査で検査。要すればCTで臓器の相互関連や炎症波及、腫瘍浸潤などを検討し、慎重に胆のう癌を否定します。


  • ※説明文に使用されている胆のう、胆管、膵臓の分野で良く使われる医学用語の図譜をご参照ください。
    『消化器カラ―アトラスA』胆嚢・胆管(田原順子・中村真一監修:アステラス製薬提供)




>>よくある質問一覧に戻る
ページトップへ戻る

肝機能異常・慢性肝臓病

ページトップへ戻る

B型慢性肝炎

ページトップへ戻る

C型慢性肝炎

ページトップへ戻る

肝硬変

ページトップへ戻る

肝臓癌早期発見

ページトップへ戻る

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)

ページトップへ戻る

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)

ページトップへ戻る

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎

ページトップへ戻る

膵癌(すい癌)・膵臓癌(すい臓癌)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Isomura Internal Medicine All Rights Reserved.