トップページ > よくある質問

よくある質問Q&A

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)のよくある質問



  • 問5 胆石を手術しないまま、胆石発作を極力避けるためには、どのような食事注意、生活注意が必要ですか?

    答5 胆のう内腔に淀みを増やさないことが有用です。コッテリ食事、運動不足、睡眠不足、温度差のある食事飲料は不適切です。

     胆嚢と総胆管を繋ぐ連絡橋が胆嚢管です。胆嚢管の内側は、径1mm程度の細い管をラセン状に巻いた構造になっています。径数ミリメートルの胆石や油っぽい胆砂が容易に付着し、狭窄、閉塞を招き易い構造です。皆さんの身体や脳がストレスを感じる時は胆のうや胆嚢管にとってもストレスを受けている状況です。その場合、胆嚢管自体がけいれん状態になり、さらに胆石や胆砂が付着、陥頓し易くなる可能性が少なくありません。

     胆石其の物を薬完全に溶かすことは3年連続服用してやっと3割の方で胆石消失が得られる程度です。しかし、ウルソデオキシコール酸などを定期服用すると、胆汁から油っぽさが減少します。其のお蔭で、胆石や胆砂が胆嚢管内に付着する確率が減少し、胆石発作を回避できる場合があります。

    ※説明文に使用されている胆のう、胆管、膵臓の分野で良く使われる医学用語の図譜をご参照ください。
    『消化器カラ―アトラスA』胆嚢・胆管(田原順子・中村真一監修:アステラス製薬提供)





>>よくある質問一覧に戻る
ページトップへ戻る

肝機能異常・慢性肝臓病

ページトップへ戻る

B型慢性肝炎

ページトップへ戻る

C型慢性肝炎

ページトップへ戻る

肝硬変

ページトップへ戻る

肝臓癌早期発見

ページトップへ戻る

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)

ページトップへ戻る

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)

ページトップへ戻る

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎

ページトップへ戻る

膵癌(すい癌)・膵臓癌(すい臓癌)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Isomura Internal Medicine All Rights Reserved.