トップページ > よくある質問

よくある質問Q&A

肝硬変のよくある質問



  • 問4 肝硬変と診断されたら、余命はもう短いのでしょうか?

    答4 最近の診断学では、かなり早期の段階から肝硬変と診断がされるため、肝硬変と診断されてから、10年以上通常生活が出来る方が少なくありません。血小板の数だけで肝硬変?や、皮膚の色のみで肝硬変と診断された場合は、診断の3本柱が揃っていないので、再度の評価が必要です。根拠なくがっかりするより、診断の3本柱をきちんと揃えることが予後を改善する早道です。

>>よくある質問一覧に戻る
ページトップへ戻る

肝機能異常・慢性肝臓病

ページトップへ戻る

B型慢性肝炎

ページトップへ戻る

C型慢性肝炎

ページトップへ戻る

肝硬変

ページトップへ戻る

肝臓癌早期発見

ページトップへ戻る

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)

ページトップへ戻る

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)

ページトップへ戻る

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎

ページトップへ戻る

膵癌(すい癌)・膵臓癌(すい臓癌)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Isomura Internal Medicine All Rights Reserved.