トップページ > よくある質問

よくある質問Q&A

肝硬変のよくある質問



  • 問3 肝硬変の診断方法はどうすればいいの?

    答3 腹部超音波検査と血液検査が最も大切です。前記回答に示す様な自覚症状があれば、参考になります。しかし、事前準備の如何を問わず、まず腹部超音波検査を受けることをお勧めします。肝臓のみであれば、食後であってもほぼ充分な肝臓の形態診断が可能性です。この方法で大体の見通しをつけた後、血液検査を受けることで、肝臓病の原因・進行度がかなり判明します。肝硬変の後期には、浮腫、黄疸、腹水などが見られる場合もありますが、無症状の時期もあるので、留意が必要です。

>>よくある質問一覧に戻る
ページトップへ戻る

肝機能異常・慢性肝臓病

ページトップへ戻る

B型慢性肝炎

ページトップへ戻る

C型慢性肝炎

ページトップへ戻る

肝硬変

ページトップへ戻る

肝臓癌早期発見

ページトップへ戻る

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)

ページトップへ戻る

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)

ページトップへ戻る

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎

ページトップへ戻る

膵癌(すい癌)・膵臓癌(すい臓癌)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Isomura Internal Medicine All Rights Reserved.