トップページ > よくある質問

よくある質問Q&A

肝機能異常・慢性肝臓病のよくある質問



  • 問3 自覚症状の無い肝臓病を放置すると将来どのような病態になるのか?

    答3 肝臓病の原因によりスピードは異なりますが、原因の如何を問わず、慢性肝炎⇒肝硬変前期までは、ほぼ無症状のまま病態は進行します。肝硬変の後期になって初めて自覚症状が出現します。
    それは
    @早朝1番尿にウーロン茶色尿が認められたり、
    A季節が乾燥期でないのに皮膚がカサカサする、
    B腹部膨満が出現し、遅れて浮腫、腹水などが出現。

    などの兆候です。つまり、自覚症状を目安にすると相当な進行期以外の肝臓病はほとんど発見不可能です。

     血液検査と超音波検査等をまず受けてみることです。血液、腹部超音波検査と診断の3本柱があればまず大まかな診断は多くの場合可能です。

>>よくある質問一覧に戻る
ページトップへ戻る

肝機能異常・慢性肝臓病

ページトップへ戻る

B型慢性肝炎

ページトップへ戻る

C型慢性肝炎

ページトップへ戻る

肝硬変

ページトップへ戻る

肝臓癌早期発見

ページトップへ戻る

胆嚢結石(胆のう結石・胆石)

ページトップへ戻る

胆嚢ポリープ(胆のうポリープ)

ページトップへ戻る

膵炎(すい炎)/膵臓の炎症/膵臓炎

ページトップへ戻る

膵癌(すい癌)・膵臓癌(すい臓癌)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Isomura Internal Medicine All Rights Reserved.